PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

推しの子実写化キャストがヤバイ!いつから放送でアニメとの違いは?

スポンサーリンク
ドラマ
推しの子,実写化,キャスト,ヤバイ,いつから,アニメ
記事内に広告が含まれています。

大ヒットアニメ「推しの子」が、実写化することが発表されました。

メインキャストが発表され、スペシャルビジュアルも公開されましたが、かなり賛否両論あるようです。

人気アニメの実写化はなにかと批判を集めやすいものですが・・・

今回は、「推しの子」実写化キャストについて、調査しました!ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

推しの子実写化キャストがヤバイ!

推していたアイドルの子どもに生まれ変わるという「転生&サスペンス」アニメとして、社会現象を巻き起こした「推しの子」。

Amazonと東映の共同プロジェクトで実写化が決定し、主要キャスト6人のスペシャルビジュアルが初公開されました。

これを受け、「コスプレ感」「やばい」という声もありますが、肯定的な声もあがっているようです。

アクア:櫻井海音(さくらいかいと)

実の母で伝説のアイドル・アイの死の真相を暴くため、芸能界に入った主人公・アクアを演じるのは、櫻井海音さんです。

櫻井海音さんのビジュアル自体はクオリティが高いものの、イメージが違うという声が多いようです。

櫻井海音さんは演技力も評価されており、2023年にヒットしたドラマ「VIVANT」に出演しています。

ただまだ主演クラスの俳優さんではないので、知らなかったという人も多いようです。

イケメンで演技力もあり、事務所としても猛プッシュする俳優さんということで、アクア役に選ばれたのかもしれません。

アイ:齋藤飛鳥(さいとうあすか)

アイは、アイドルグループ・B小町のセンターで、伝説のアイドルというキャラクターです。

アイの妊娠、死が物語のカギとなっています。

明るいながらも秘密や闇を抱えたアイを演じるのは、齋藤飛鳥さんです。

アイ役の予想キャストに挙がってはいたものの、賛否両論あるようですね。

齋藤飛鳥さんの独特な雰囲気は、少し闇があるので、そういう意味だと適任ではないでしょうか。

ルビー:齊藤なぎさ(さいとうなぎさ)

アクアの双子の妹で、亡き母・アイのようなアイドルを夢見る、ルビー。

演じるのは、アイドルグループLOVEの元メンバー・齊藤なぎささんです。

ネット上でも、齊藤なぎささんをアイ役かルビー役に推す声が多くあがっていたようです。

齊藤なぎささんは、大きな目がかなり印象的ですよね。

齊藤なぎささんはドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』での演技で、一気に知名度が上がりました。

アイドルとしての実績や、演技力が選抜理由かもしれませんね。

有馬かな:原菜乃華(はらなのか)

幼い頃に天才子役として有名になり、ルビーとともにアイドル活動を始める有馬かな。

原菜乃華さんも子役として活動し、はアニメ映画「すずめの戸締まり」、NHK大河ドラマ「どうする家康」など話題作への出演で知られています。

ネット上では、「ぴったり!」という声があがっていました。

MEMちょ:あのちゃん

大人気Youtuberで、のちにB小町としてアイドルとなるMEMちょを演じるのは、あのちゃんです。

以前ネット上でも予想キャストに挙がっていたため、「ハマり役!」という声が多いです。

あのちゃんも地下アイドル時代、強烈なパフォーマンスで熱狂的なファンも多かったようです。

見た目もMEMちょのイメージに近く、ぴったりだと思います。

黒川あかね:茅島みずき

アクアに恋心を抱く、若手実力派女優・黒川あかね。

黒川あかねは、有馬かなのライバルとして登場するので、かなりの演技力が必要です。

演じる茅島みずきさんは、「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」などで注目を集めた、若手実力派女優です。

ネット上では、ぴったりという声が多く挙がっていたようです。

その他には、要潤さん、金子ノブアキさん、なえなのさんらの出演が決まっているようです。

橋本環奈がオファーを断っていた?

ツイッター

橋本環奈さんは以前、ネット上の投票で、「アイを演じてほしい」という声が多く挙がっていました。

橋本環奈さんはかつて、アイドルグループ「Rev.from DVL」のメンバーとして活動しており、「1000年に1人の美少女」とも呼ばれていました。

〝完璧で究極のアイドル〟であるアイに、推す声があがるのは納得ですね。

また、原作者の赤坂アカさん作品『かぐや様は告らせたい』の実写映画に出演しており、横槍メンゴさんともSNS上でやり取りをするほど仲が良いそうです。

オファーが実際に来ていたかは不明ですが、アイ役を断ったという噂があるようです。

橋本環奈さんは原作の大ファンで、その立場から作品の実写化について「映像化してほしくない」という本音を吐露していました。

『銀魂』『キングダム』など多数の実写作品に出演している橋本環奈さんですが、毎回プレッシャーがすごく、「好きな作品しかやりたくない」と思っているそうです。

今回も仮にオファーが来ていたとしたら、断っていたかもしれないですね。

「推しの子」実写化はいつから放送される?

「推しの子」実写化は公式発表で「今冬」とされていますが、2025年に放送予定のようです。

アニメの第二期は2024年に始まることが発表されており、制作期間は不明ですが、平均数ヵ月~2年かかるそうです。

第2期の放送は、第1期最終回の2023年6月でアナウンスされていたので、早い段階で準備に取り掛かっていたようです。

そのため、ドラマと映画が公開されるタイミングに調整できるよう、準備されているはずです。

2024年夏頃にアニメ第2期がスタートし、その後に映画とドラマの実写化となると、2025年公開と考えるのが自然ですね。

ただ、アニメ第2期の人気に便乗して映画を公開するとなると、2024年内に公開する可能性もありそうです。

また、アニメが4月クールで放送されれば、秋ごろ公開という可能性もあります。

すでに撮影はされているようなので、もっと早くてもおかしくないですが、「今冬」となるとまだ当分先な気がしますね。

「推しの子」実写化とアニメの違いは?

「推しの子」実写化は、映画配給会社『東映』と『Amazonプライムビデオ』がタッグを組んだ、一大プロジェクトです。

映画はアイを中心に、配信ドラマではアクアを中心とした内容で撮影を進めているようです。

映画ではアニメの第1話にあたるアクア・ルビーの幼少期まで、ドラマではそれ以降の続きを放送するのではないでしょうか。

アニメでは幼少期が82分で描かれており、映画の平均上映時間が100分前後と考えると、少し短い感じがしますね。

内容的には幼少期で終わらせるのが自然なので、映画オリジナルのシーンが描かれる可能性もあるでしょう。

まとめ

今回は、「推しの子」実写化キャストについて、紹介しました!

「推しの子」実写化キャストには賛否両論あるようですが、「ぴったり!」という声も多くあがっていました。

放送開始は今冬からということで、正式な公開日の発表が待ち遠しいですね。

今後の情報にも注目ですね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました