PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

和牛の解散理由は5個!川西がテレビでない理由は病気?

スポンサーリンク
芸能人
和牛,解散理由,病気,不仲
記事内に広告が含まれています。

お笑いコンビ『和牛』が、2024年3月をもって解散することを発表しました。

最近テレビ出演が減っていたことで、心配の声があがっていましたが、人気コンビの発表に芸人界からも驚きの声があがっています。

和牛が解散を決意した理由は、いったい何なのでしょうか。

今回は、和牛の解散理由について、調査しました!ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

和牛の解散理由は5個!

突然解散発表をした和牛ですが、解散理由について調べてみました。

解散理由①水田の遅刻癖

yahooニュース

水田さんは遅刻の常習犯だったそうで、10年以上前にも水田さん主催のトークライブに本人が遅刻し、大問題になったことがあるそうです。

この時も解散が浮上したそうですが、何とか持ちこたえてこれまでやってきたようですね。

特に遅刻が顕著になったのは2020年頃からだそうで、気の緩みから複数回の遅刻が重なり、川西さんもそのころからコンビに対する思いが変わったようです。

「水田の劇場出番への遅刻が続いたことをきっかけに、自分と彼との漫才に対する姿勢の違いが目立つようになりました。」

yahooニュース

川西さんは人一倍舞台出演への思いが強く、水田さんの仕事への姿勢と温度差があったようです。

解散理由②不仲

yahooニュース

メディア出演が減少したころから、コンビの不仲説がささやかれていました。

とはいえ、ラジオやローカル局のテレビ出演、劇場出演などコンビでの仕事がゼロになったわけではなかったようです。

水田さんは、「自分の味方は相方だけ」と、川西さんに絶大な信頼を寄せていました。

しかし川西さんは、水田さんの遅刻癖から漫才への温度差を感じ、徐々に信頼できなくなったそうです。

その結果、水田さんに厳しい言葉をかけることもあったと話しています。

かつては水田さんを「家族の様な存在」と話していましたが、仕事でぶつかる事も増え、溝ができてしまったようです。

理由③漫才への温度差

yahooニュース

川西さんは、テレビ出演が増えてからも、あくまで漫才をメインに、舞台の仕事に力を入れていきたかったようです。

しかし、水田さんはテレビなど漫才以外の仕事もしていきたかったようで、温度差があったようですね。

「もともと2人はM―1を最大目標に、舞台を大事にしていた。ブレーク後、テレビの世界を回ってみて、その仕組みが嫌になったのが川西。反対に水田は『テレビもやった方がいい』と考え、軸足を移していった。2人とも自分の信念は曲げないタイプ。そこでズレが生じたのだろう」

yahooニュース

水田さんは、漫才のパフォーマンスにおいても、川西さんの要求に応えられず、漫才への取り組み方の差を感じるようになったそうです。

その結果、相方に意見することもできなくなり、コンビ間で上下関係が生まれていたようです。

理由④川西の鬱

yahooニュース

川西さんは、鬱ぎみだったことを報じられています。

『M-1で優勝できていない』などと周囲に漏らしていたそうで、漫才への取り組みにかなり悩んでいたそうです。

そして、水田さんとの温度差もあり、「今までの熱量で漫才に向き合うことができない」と感じていたとか。

水田さんが川西さんの期待通りに頑張れず、結果的に重荷に感じてしまったこともあるのかもしれません。

川西さんが鬱状態だったことも、コンビ解散の理由だったのでしょう。

理由⑤メディア出演の減少

yahooニュース

和牛は最近メディアへの出演が減少しており、2022年に「ヒルナンデス」のレギュラーも卒業しています。

このときも卒業理由は明かしていませんでしたが、コンビのすれ違いがあったのかもしれません。

もともと川西さんは、テレビ出演よりも劇場で漫才をお客さんに披露したい、という思いが強くありました。

コンビで「情熱大陸」に出演した際は、川西さんが「他の仕事を断ってでも年500回は劇場に立つと2人で決めている」と話しています。

川西さん自身、言うことがある程度決められているテレビが得意ではないようです。

演出があまり好きではなく、テレビだと作りたいものが決められているので、たとえやりたくなくても自分たちが合わせなければいけない、と感じていたようです。

たしかに、自由にできる劇場漫才の方が、向いていると思ってもおかしくないですね。

多い日は、和牛が1日4回も劇場に出演することがあり、自分たちで考えた漫才を披露したいという思いが強かったようですね。

和牛解散は以前から噂に!

ツイッター

2023年12月12日に解散が発表された和牛ですが、以前から解散はささやかれていました。

11月には、アキナ、和牛、アインシュタインの3組で活動するお笑いユニット「アキナ牛シュタイン」の、一部ツアー中止が発表されています。

定期的にライブを開催しており、人気があるツアーの中止発表だったので、和牛解散がささやかれていました。

解散することは、少し前から決まっていたようですね。

劇場漫才を中心に活動したい川西さんと、テレビ出演を優先する水田さんの思いにずれが生じたようです。

ちょうどM-1を卒業した頃から、溝ができていたのかもしれませんね。

川西さんは以前から何度も、水田さんに解散を申し入れていたようです。

しかし水田さんは「解散したくない」と断り、なんとか持ちこたえていたようですが・・・

最終的には、川西さんの申し出を承諾したということですね。

水田さんは「芸人」としてテレビに出たいという思いが強く、「漫才」は芸人の仕事のうちのひとつでしかない、という考えだったようです。

一方川西さんは、漫才師として舞台を中心にお客さんに笑いを届けたい、という考えだったようです。

もともと、漫才に熱くなりすぎて、舞台袖で取っ組み合いのケンカをするほどだった2人ですが、いつの間にか温度差が生まれてしまったようですね。

和牛の今後の活動は?

yahooニュース

解散後の活動については未発表ですが、2人とも吉本興業に残るようです。

和牛は年間500回劇場に立つという公約で、現在も毎日どこかの吉本劇場に出演しています。

しかし、12月以降の出演はないようです。

1人ずつ出演する日もあるようですが、生で和牛の漫才を観ることはできなくなるのが残念ですね・・・

3月をもって、ローカルレギュラー番組や、ラジオ番組もすべて終了するということですね。

水田さんも川西さんも、芸人として活動することを示唆しています。

水田さんは、「相方は大丈夫な人だから心配していない。」と、むしろ自分を心配してください!と笑いを誘っていました。

今後は「和牛」としての姿を観れなくて残念ですが、個々の活動も楽しみにしていましょう。

まとめ

今回は、和牛の解散理由について、紹介しました。

水田さんの遅刻癖がきっかけではありましたが、その前から漫才に対する熱量の違いを感じ、解散を決意したようです。

川西さんも真面目過ぎるがゆえに鬱状態になってしまい、2人の溝を修復することはできなかったようです。

今後の情報にも注目ですね。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能人
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました