PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

黒崎真音の病気や持病はいつから?倒れる瞬間の動画がやばかった!

スポンサーリンク
芸能人
黒崎真音,病気,持病,いつから,倒れる瞬間,動画,やばい
記事内に広告が含まれています。

2023年2月28日、アニソン歌手の黒崎真音さんが、亡くなっていたことが報じられました。

黒崎真音さんは持病の悪化で、2月16日に急逝しており、過去には「硬膜外血腫」と診断されて倒れてしまったこともありあした。

黒崎真音さんの病気は、いつからだったのでしょうか?

今回は、黒崎真音さんの病気や持病について、調査しました!ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

黒崎真音の病気や持病はいつから?

2023年2月16日、黒崎真音さんが亡くなっていたことを、所属事務所が発表しました。

死因は「持病の悪化」とだけ記載されており、突然の死だったことが説明されています。

スタッフも突然の出来事でショックを受けている中、近親者のみで通夜・告別式が行われました。

黒崎真音さんの訃報が報じられたのは、2023年2月28日。亡くなったのは2月16日なので、1週間以上前になります。

発表が遅れたのも、あまりにも突然の死に、状況の整理に時間がかかったのではないでしょうか。

まだ35歳という早すぎるお別れとなってしまいましたが、持病とは一体どのような病気だったのでしょうか?

公式HPで「あまりにも突然のこと」と記されているので、突然死に直結するような持病はなかった?とも言われています。

ただ黒崎真音さんは、以前硬膜外血種を患い、倒れていたことが分かっています。

2021年9月18日の配信ライブ中、突然倒れてしまい、緊急搬送されています。

そして、「硬膜外血種」と診断され、緊急手術をおこなっていました。

手術は無事に成功したそうですが、今回の死因も、これが原因だった可能性があります。

硬膜外血種とは

Yahooニュース

硬膜外血種とは、頭を強く打撲することが原因で、脳を覆う硬膜と頭蓋骨との間に、血液が溜まる状態です。

「持病の悪化」ということから、硬膜外血腫で亡くなった可能性が高そうです。

一定以上の血液が溜まると、脳が圧迫されてしまい、頭痛や嘔気、脱力感や意識障害がおこります。

症状が現れるまでは個人差がありますが、受傷後3~6時間、24時間以上たって現れる人もいるそうです。

黒崎真音さんも、何かにぶつけて発症したと思われますが、本人は一切覚えがないと話しています。

予兆があった

黒崎真音さんは、「硬膜外血腫《予兆》」と題したブログで、硬膜外血腫になるまでのお話をしています。

予兆はあったと言い、もともと幼少期から、慢性的な頭痛を持っていたそうです。

術後1年経った2022年2月18日、黒崎真音さんは経過報告をしていました。

それまでも、月に1度ほどのペースで、体調などの報告をしていました。

硬膜外血腫で倒れた時は記憶がないそうですが、いつどんな風に発症するかわからない病気のようです。

黒崎真音が倒れる瞬間の動画がやばい!

リズムゾン

黒崎真音さんの体調不良は、2021年9月に始まりました。

9月上旬、急に体がだるくなり、激しい頭痛が始まったそうです。

あまりの体調不良で、新型コロナウィルスのワクチン接種もキャンセルするほどでした。

高熱を感じるも、ほぼ平熱で、異常を感じたためPCR検査を受けるも、結果は陰性でした。

高熱を感じているのに、平熱という時点で、明らかに様子がおかしいですよね。

ここではまだ病院に行かず、その後18日の配信ライブ当日を迎えます。

ライブ当日は一番体調が悪く、熱っぽくて動けないし、気持ち悪くて頭も痛い状態だったそうです。

最悪の状態でしたが、どうにかタクシーで現場に向かい、このあたりから記憶がなく、気づいたらICUに運ばれていたそうです。

そして、そのまま緊急手術をおこないました。

そんな中、黒崎真音さんが倒れた瞬間の動画が出回っている、という噂がありました。しかし、現在はネットに出回っていないようですね。

フェイク動画ばかりで、実際は動画が公開されているということはないようです。

『タクシーで現場についたあと気づいたらICUだった』と話しているので、そもそもライブをしていないということですね。

黒崎真音と神田沙也加との関係

オリコンニュース

黒崎真音さんと神田沙也加さんは、2020年9月22日に音楽ユニット「ALICes」(アリセス)を結成しています。

当時から2人はよく似ていると話題になっており、神田沙也加さんは黒崎真音さんに「双子」と言っていたそうです。

黒崎真音さんは当時、年齢非公表としていたのですが、「神田沙也加さんと1つしか変わらない」と発言したことで、「1988年1月13日生まれ」と判明しています。

ユニットでは、歌詞を神田沙也加さんが担当し、切ないバラードを歌い上げ、人気を集めていました。

黒崎真音さんが配信ライブ前に倒れた時も、「出来るなら今すぐ駆け付けたい、代わってあげたい」とコメントしています。

twitter

しかし、「ALICes」結成から1年3か月後の2021年12月18日、神田沙也加さんが急逝してしまいます。

黒崎真音さんはブログで、「一日も忘れた日がない」と、神田沙也加さんへの思いをつづっていました。

ユニットの2人とも亡くなってしまう、というショッキングな事態となってしまいましたね・・・

まとめ

今回は、黒崎真音さんの病気や持病について、紹介しました!

黒崎真音さんは、以前硬膜外血種で倒れてしまい、緊急手術をおこなっていました。その2年後に亡くなってしまったということで、再発した可能性がありますね。

ライブ配信中に倒れた動画があるという噂は、デマだったようです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能人
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました