矢沢あいは病気から復帰?NANAの再開や現在について調査!

話題のこと
矢沢あい,病気,復帰,NANA,再開,現在

漫画『NANA』や『天使なんかじゃない』など、数々のヒット作を生み出した漫画家・矢沢あいさん。

2009年から病気のため、『NANA』が長期休載中となっている中、展覧会を開催するにあたり、インタビューに答えています。

現在の病状や、「NANA」再開のめどが立っているのか、気になりますよね。

今回は、矢沢あいさんの現在と今後について、調査しました!ぜひ、最後までご覧ください。

矢沢あいの病名は?

https://mamastar.jp/

矢沢さんは、1985年に『あの夏』で漫画家デビューして以降、『天使なんかじゃない』『ご近所物語』『Paradise Kiss』など、数多くのヒット作を世に生み出しています。

アニメ化、映画化された作品も多く、中でも連載中だった『NANA』は、社会現象にまでなりました。

しかし、2009年に急病のため、突然休載を発表した、矢沢あいさん。近年は、イラストの仕事を中心に活動しているそうです

病名については一切明かしておらず、「重病なのでは」「がん?」といった噂や、「矢沢あい 亡くなった」という検索ワードが上位になるほどでした。

病気療養中ということは間違いないですが、現在に至るまで、病名の発表はありません。

2010年に女性週刊誌が取材したところによると、矢沢あいさんは女性専門の完全予約制「心と体の健康のための医療センター」に、通院していたそうです。

この病院は、心と体のバランスが崩れやすい女性のために、専門的な治療をするそうです。

この病院に通っているということは、婦人科系の病気や、うつ病なのでは?と言われています。

仕事がピークの時は、毎日睡眠時間が2時間しかなかったそうで、かなり無理をして漫画を描いていたようです。

https://dennsisyosekisokuhou.com/

その世界観を共有できる人が見つけられず、アシスタントは雇わずに、すべて自分で作業していたといいます。

どんな病気かいっさい言ってないせいで、皆さん心配してくださっているみたいなんですけどね。決して治らない病気にかかっているわけではないんです。なので、どうか私に時間をください。

女性自身

矢沢あいさんによると、気長に治療をすれば、だんだん回復していくということなので、ファンは見守るのみですね。

病気から復帰した?

https://mamastar.jp/

現在東京都内では、矢沢あいさん初の展覧会『ALL TIME BEST 矢沢あい展』が開催されています。

取材に応じた矢沢あいさんは、以前よりだいぶ体調も回復しているそうですよ。

今回展覧会を開催するにいたった経緯は、集英社からお話をいただき、感謝の思いと読者への思いから、決意したそうです。

2010年に週刊誌がインタビューをした際は、タクシーを降りるのがやっと、といった様子で病院に向かっていたそうです。

「実は今日も今、病院から帰ってきたところなんですよ。ファンの方が心配してくださっているんですか。でも、ごめんなさい。今はまだ、仕事再開の目途は正直、立っていない状況なんです。元気になったらきっとまた『NANA』を皆さんにお届けできるようになると思います」

女性自身

プライベートが謎に包まれている矢沢あいさんですが、18歳からパートナーである恋人と一緒に、マンガを描き続けてきたそうです。

manga-ka.com

休載から10年以上が経った現在も、連載再開のお知らせはなく、そのまま元号が平成から令和に変わってしまいましたね。

矢沢あいさんは、漫画の連載をするには、体力が足りない事を明かしています。

完全復活には、もう少し時間がかかりそうですね。

一時は緊急入院、重病説まで流れていましたが、展覧会を開催できるほどには、回復してるのでしょうか。

矢沢あいさん自身も、「だいぶよくなってきている」ということですが、いかんせん体力勝負の仕事なので、体がまだ持たないのでしょうね。

単発の仕事は少しずつしているようなので、復帰も近いかもしれません!

NANA再開の目途はたっている?

https://mamastar.jp/

病名については、未だ明かしていない矢沢あいさん。本人の言動から、すこしずつ良くなっているのは間違いないでしょう。

精神的な要因であれば、病気は一進一退するものですし、ファンに変な期待を持たせないよう、病名を伏せているのかもしれませんね。

Cookieに連載されていたNANAは、東京に住む彼氏と同居するため上京した小松奈々と、ミュージシャンの夢をかなえるため上京した大崎ナナ、同い年の2人の出会いから始まるストーリーです。

同居することになった2人と、「BLACK STONES」「TRAPNEST」2つのバンドのメンバーを取り巻く物語で、多くの読者を魅了しました。

現在まで、およそ12年休載となっています。といっても、矢沢あいさんが、まったく活動をしていないわけではありません。

2022年に「NANA」が中国でリメイクドラマとして放送予定なのですが、そのお知らせも公式にアナウンスされています。

2017年には、JUJUさんの楽曲「いいわけ」のPV用に、23枚イラストを書き下ろしています。

https://dennsisyosekisokuhou.com/

イラストを書き下ろすことはできるということで、徐々に回復しているのでしょうね。

以前睡眠時間が2時間しかなかったということにも触れ、「今思えば、それがよくなかったんじゃないかな」と話していました。

前に一度倒れたときに、無理してすぐに再開したという経緯があるので、「しっかり治してから再開したい」と考えているようです。

今回の展覧会を開催出来たのも、読者のみなさんのおかげと感謝し、「今後は体調管理しつつ、少しずつまた作品を描いていけたら」と話していました。

NANAファンとしては、前向きな言葉を聞けてうれしい限りですね。

まとめ

今回は、矢沢あいさんの現在と今後について、紹介しました!

急病で「NANA」の連載が休載中となっていますが、具体的な病名は明かされていないようです。

少しずつ症状が回復しているということで、復帰に向けて前向きなようですね。

今後の情報にも注目ですね!最後までお読みいただき、ありがとうございました。

話題のこと
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました