美人すぎる玉城絵美氏の経歴!遠く離れた場所にいる人やロボットと体をシェアできる技術!?

話題のこと
玉城絵美,美人すぎる,可愛い,他人と体をシェア,ポゼストハンド,准教授,経歴,

遠く離れた場所にいる人やロボットと体をシェアする「ポゼスト・ハンド」の開発で有名になった玉城絵美氏。

透過ホログラムで出勤できる新たなリモートワークシステムHoloDの発表等、withコロナ時代に役立ちそうな技術への実用化が期待されています。

美人過ぎるその容貌にも注目が集まっています!

玉城絵美氏の概略

1984年沖縄県生まれ。 2006年、琉球大学工学部情報工学科卒[1]。筑波大学大学院システム情報工学研究科、東京大学大学院学際情報学府でロボットやヒューマンインターフェースの研究を行う。アメリカのディズニー・リサーチ社、東京大学大学院総合文化研究科などを経て、早稲田大学准教授。

2012年、東京大学大学院で同じ暦本純一研究室に所属し、ヒューマンコンピューターインタラクションを研究していた岩崎健一郎とともに、「H2L」を起業。身体そのものを「情報提示デヴァイス」にする「PossessedHand(ポゼスト・ハンド)」は11年『TIME』誌の「The 50 Best Inventions」に選出。17年、外務省WINDS(女性の理系キャリア促進のためのイニシアティブ)大使に任命。

Wikipedia

玉城絵美氏の経歴

現在、H2L株式会社の代表取締役、兼早稲田大学准教授(任期付き)をされています。

  • 2015年12月 – 現在内閣府, 第5期科学技術基本計画 科学技術イノベーション政策推進専門調査会 委員 
  • 2015年12月 – 現在経済産業省, 産業構造審議会, 産業技術環境分科会, 研究開発・イノベーション小委員会 委員 
  • 2015年10月 – 現在国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)さきがけ 研究員 
  • 2013年4月 – 現在早稲田大学 人間科学部 人間科学学術院 人間情報科学科 助教 
  • 2012年7月 – 2013年3月H2L株式会社 代表取締役 

H2L株式会社のホームページはこちら

事業内容:

人間の能力を引き出すための支援ツール(ハードウェア、ソフトウェア、サービスを含む)とAIの企画、研究、設計、開発、製造、販売、ライセンス、 輸出及びサポート

身体動作の伝達装置による体験を提供するサービスに係る事業

早稲田大学研究者データベースはこちら

H2L株式会社HPより

玉城絵美氏の産業財産権

現在リサーチマップで公開されている産業財産権は19件あります。

玉城絵美氏の美人過ぎる容貌にネット上の声は…

話題のこと
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました