佐藤マクファーレン優樹の学歴まとめ!九州東海大学出身で幼少期はシンガポール育ち!?

話題のこと
佐藤マクファーレン優樹,学歴,東海大学,幼少期,シンガポール

バチェロレッテ2に出演している男性メンバー、佐藤マクファーレン優樹さん。

プロバスケットボールの選手でありながら、モデルや講演活動をしたりと、幅広く活躍している方ですね。

そんな佐藤マクファーレン優樹さんですが、生い立ちや学歴がすごい!と言われているようなんです。

今回は、佐藤マクファーレン優樹さんの学歴について、調査しました!ぜひ、最後までご覧ください。

佐藤マクファーレン優樹の幼少期

fumumu.net

佐藤マクファーレン優樹さんは、日本、オーストラリア、イギリスと、多重国籍を持っています。

お父さんがイギリス系オーストラリア人で、お母さんが日本人のハーフとして誕生しました。

佐藤マクファーレン優樹さんはお父さんの仕事の都合で、幼少期をシンガポールや上海で過ごしています。

生まれは東京なのですが、5歳でシンガポールへ移住しています。

その後、12歳~14歳までは上海で過ごし、日本に帰国したようです。

残念ながらお父さんは、2019年にこの世を去っています。そのため、お母さんは現在、シンガポールに1人で住んでいるようえす

佐藤マクファーレン優樹さんは、SNSでもたびたび家族について言及しており、本当に家族思いなのですね。

シンガポールなど、海外での生活が長かったのですが、母親の母国である日本についても、愛国心があるようです。

小さい頃から日本という国を心から愛し、遠い国にいてもいつも興味を持ち続けました。
ですので、家族が皆海外に移住しても一人で日本に残り、日本人としてバスケットボールでプロを目指し、プレーをすることを決め、全力で頑張ってきました。

ミスター・ワールド公式サイト

幼少期は、シンガポールにある日本人小学校クレメンティ校に通っていたようですね。

佐藤マクファーレン優樹の中学校

fumumu.net

佐藤マクファーレン優樹さんは、12歳までシンガーポール、12歳~14歳まで上海で過ごしていました。

シンガポールの学校制度では、日本の中学校と同等のセカンダリースクールが12歳から始まるそうです。

シンガポールにある日本人中学校に通っていたそうで、その後、上海に移住してからは14歳までの1年間、上海にある日本人中学校に通っていました。

ずっと海外で生活していたにも関わらず、日本語が上手なのは、日本人学校に通っていたからなのですね。

その後、15歳で日本に帰国し、文京区立第六中学校に転校しています。

この中学校は地元でも人気の学校で、東京大学と提携して授業をしたりと、かなりハイレベルな教育を受けることができます。

中学校時代はシンガポール、上海、そして日本と、転校を繰り返して大変な生活を送っていたのですね。

佐藤マクファーレン優樹の高校

twitter

中学校卒業後、佐藤マクファーレン優樹さんは、東京工業高等専門学校に進学しました。

この高校は、偏差値64の難関校ですから、いかに佐藤マクファーレン優樹さんが優秀な生徒だったかがわかりますね。

しかし、バスケットボールに専念するため、大分県にある明豊高校に転校しています。

明豊高校では在学中、日本プロバスケットボールリーグの大分ヒートデビルスで、練習生になりました。

バスケットボールのために、家族と離れて大分県に移り住むのは、大変な決意だったと思います。

この高校はバスケ以外にも、卓球部や野球部、剣道部などが全国レベルの強豪校です。

野球では甲子園の常連校ですし、多くのプロ野球選手を輩出しています。

そんなハイレベルな学校で、プロリーグの練習生となるということは、いかに佐藤マクファーレン優樹さんの実力がすごいかがわかりますね。

佐藤マクファーレン優樹の大学

instagram

高校卒業後、佐藤マクファーレン優樹さんは熊本県にある九州東海大学に進学しました

しかし、バスケットボールに専念するため、大学を中退しています。

19歳で社会人バスケットボールチームの「デイトリックつくば」でトライアウトを受験し、見事ユースチームに加入を果たしました。

おそらくこのタイミングで、大学を中退し、茨城県に移住したのではないでしょうか。

デイトリックつくばに加入した直後、日本プロバスケットボールリーグの東京サンレーヴスからオファーを受け、入団しています。

2016年にはミスター・ワールド日本大会において、日本代表に選ばれています。トップ10に入れなかったのですが、スポーツ部門ではアジア人出場者として、過去最高6位入賞となりました。

fumumu.net

そして、2020年からは、3人制プロバスケチーム「HIU ZEROCKETS.EXE」に所属しています。

ちないにB1リーグのプロバスケットボール選手は、最低年収が300万円、B2リーグは240万円、B3リーグは180万円程となっています。

これだけで生活するにはかなり厳しいですが、佐藤マクファーレン優樹さんはほかにも、モデルや講演活動などをおこなっています。

明治学院大で女子バスケットボール部のコーチもつとめていますし、生活には困っていないでしょう。

ご自身でも、「本業は自分でもよくわからない。なんでも屋」と話していました!

バイタリティにあふれる方なので、実業家であるバチェロレッテ・尾崎美紀さんとも気が合いそうですね!

まとめ

今回は、佐藤マクファーレン優樹さんの学歴について、様々な情報を調査しました!

父の仕事の都合で幼少期をシンガポールで過ごし、上海を経て日本に帰国しています。

九州東海大学に進学したものの、バスケットボールに専念するために中退していたことが分かりました。

今後の放送にも注目ですね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

話題のこと
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました