齋藤飛鳥はミャンマーのハーフ!本名やごみ扱いの真相は?

芸能人
齋藤飛鳥,ミャンマー,ハーフ,本名,ゴミ,真相,理由,

乃木坂46の人気メンバーである齋藤飛鳥さん。小顔でお人形さんのような顔つきから、男女ともに人気を博していますね。

「神に選ばれし美少女」と呼ばれるほどの美貌を持っている齋藤飛鳥さんですが、実はミャンマー人の母をもつハーフだそうです。

今回は、齋藤飛鳥さんがハーフであることについてや、本名がゴミ扱いされた理由まで、調査しました!

齋藤飛鳥はミャンマーのハーフ!本名は?

https://taishu.jp/articles/-/59403?page=1

齋藤飛鳥さんは東京都出身ですが、父親が日本人で母親がミャンマー人というハーフだったのです。

ただ、齋藤飛鳥さんは幼少期から日本で育っているので、ミャンマー語は話せないそうです。

ミャンマー人である母親も日本語が流ちょうなので、家では日本語での会話が成立しているのでしょうね。

しかし、カタコトくらいなら話せるようで、番組で披露しているときもありました。

齋藤飛鳥さんは美少女ですが日本人顔ですので、ハーフというのを知らない人も多いようです。

たしかに言われてみると、東南アジア系のはっきりした目と、眉も特徴的な気がします。

一般的にはミャンマー人は、顔が日本人に似ていると言われていますが、顔の大きさはかなり小さいのが特徴だそうです。

ミャンマーの人は骨格が細くてスタイルが良い人が多く、小顔傾向が強いのですが、齋藤飛鳥さんも父親と母親のいいとこどりなんでしょうね。

日本人離れした容姿というわけではないですが、なんなんでしょうね・・・この完成度の高さは・・・。

斎藤飛鳥の本名は?

ミャンマー人と日本人のハーフとなると、気になるのが「本名はなにか?」というところですよね。

結論から言うと、「齋藤飛鳥」が本名で間違いないようです。

齋藤飛鳥さんには兄が2人いるのですが、2人とも名前に「鳥」が付いているそうです。

父親が名付け親だそうで、「鳥」には何か深い意味があるのかもしれません。

http://nogizaka46-joho.com/saitoasuka-seikaku-836

お兄さんの名前も気になりますが、男性の名前で「鳥」がつくのって、あまり思い浮かばないですね。

齋藤飛鳥さんはアジア進出も目指しているということなので、ミャンマーでも活動する可能性もありそうですね。

そうなれば齋藤飛鳥さんがビルマ語(ミャンマーの母国語)で、新しく芸名をつけるかもしれません。

ミャンマー人であるお母さんは、メンバーの実家紹介の企画で登場したことがありました。

お正月には毎年エクササイズをするそうで、家族の前でハイテンションで「ハイ!エブリバディ!」と踊っている様子が映し出されていました。

カタコトの日本語で頑張って話していたので、スタジオは爆笑の渦でした(笑)

とっても陽気で明るいお母さんなんですね。

ごみ扱いの過去の真相は?

https://taishu.jp/articles/

齋藤飛鳥さんを調べていくと、「ごみ」というひどいワードが出てきます

齋藤飛鳥さんがセンターになってから、「乃木坂の品格がおちた!」などと言われ、一時は疫病神扱いで、ゴミ乃木坂とも言われたこともありました。

斎藤飛鳥は過保護すぎてゴミ扱い?

実は、齋藤飛鳥さんが1人で何もできない、なんでもお母さんにやってもらう性格だったため、ごみ扱いされていたようなんです。

齋藤飛鳥さんはお母さんに、「毎日、朝ごはんを食べさせてもらっている」という衝撃的なエピソードを話していました。

周りが驚きを隠せないでいると、「時短のために毎日朝ご飯は母親に口に入れてもらっている」というさらに衝撃的な話をしていました(笑)

スタジオのメンバーも呆れかえっていましたね。

実はミャンマーは、子供をとても大切に育てる風習があり、日本からすると過保護に見えてしまうと思います。

ご飯を食べさせてもらうというのは、あまりにも頼りすぎな気がしますが、文化の違いだったのですね。

そのことから、「齋藤飛鳥は何もできないゴミ」と叩かれることとなったのですが、文化の違いですしただのキャラクターですよね。

今は毒舌キャラで通っていますが、飾らずプライベートなこともあけすけに話すところから、誤解されたのでしょう。

お母さんは「18歳になったら手放してみよう」「私が風邪ひいたときにお粥を作ったりお世話をしてくれる」と、齋藤飛鳥さんから子離れ宣言をしていました。

純粋にして素直な性格というのは、日本人と感覚が違うのかもしれませんね。

日本人の感覚からすれば、甘やかされて育ったお嬢様というイメージがありますが、ミャンマーというお国柄、これは普通なんですね。

過保護に見えてしまうので、齋藤飛鳥さんは甘やかされて育った=ゴミ扱いとなってしまったようです。

斎藤飛鳥は毒舌キャラ=ゴミ扱い?

その後、毒舌キャラへと変貌を遂げることになります。その結果、ネット上で「性格が悪い」と言われているようなんです。

いつからか毒舌キャラになった齋藤飛鳥さんは、「どうせお前ら夏休み花火見る相手もいないんだろ!」「どうせお前らクリスマス過ごす相手いねぇだろ!」と、ライブで暴言を吐くこともしばしば・・・

可愛い顔してファンに対して超強気な発言をすることに。握手会でも、「お前ほんと2度とくるなよ!」なんていう事もありました。

http://nogizaka46-joho.com/saitoasuka-seikaku-836

日本人は謙遜を美徳としますから、齋藤飛鳥さんの過激発言は受け止めがたいものがあったのかもしれません。

一期生で最年少ということもあり、生意気だと誤解されたのでしょうか。

しかし、今までになかったアイドルということで、そのギャップにハマったファンもいるようですね。

ハーフという見た目の違いはほとんどありませんが、齋藤飛鳥さんは小学生時代にイジメにあったこともあり、余計に甘えん坊な性格になってしまいました。

小学生の時は不登校になり、引きこもりも続いていましたが、家族の助けもあって、乃木坂46の1期生オーディションに参加したようです。

今では乃木坂46に欠かせない存在となりましたから、本当にすごい成長ですよね。

まとめ

今回は、齋藤飛鳥さんがハーフであることについて、紹介しました。

父が日本人、母がミャンマー人というハーフで、本名は齋藤飛鳥で間違いないようですね。

過去に「ゴミ」扱いをされていましたが、なんでも母にやってもらって甘やかされたように見えただけのようですね。

これからの活躍も楽しみですね!

芸能人
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました