小倉優子の大学受験の結果は?早稲田大学を選んだ理由や模試の推移を調査

芸能人
小倉優子,大学受験,結果,早稲田大学,理由,模試

二度目の離婚を発表して注目を集めている、小倉優子さん。3児の子育てをしながら、ママタレントとして活動していますよね。

そんな小倉優子さんですが、早稲田大学教育学部を受験するということで、話題になっているようです。

今回は、小倉優子さんの大学受験について、調査しました!ぜひ、最後までご覧ください。

小倉優子の大学受験の結果は?

youtube

小倉優子さんは現在、早稲田大学教育学部への進学を目指しており、毎日猛勉強中だそうです。

バラエティ番組『100%!アピールちゃん』で密着取材されており、育児と仕事の合間を縫って、必死に受験勉強をしているそうです。

きっかけは番組の企画ではありますが、収録のためだけに勉強しているわけではなく、週に1回チーム「ドラゴン桜」の講師と対面授業をしています。

基本的には自主学習をしており、最近は1週間で覚えられる英単語数も上昇し、年齢関係なく、やればできることを実感しているそうです。

小倉優子さんの大学受験の結果は、2022年2月~3月に分かると思われます。

hochi.news

2023年の合格発表日は発表されていませんが、2022年度の合格発表は2022年3月1日に公開されました。

小倉優子さんは文科系(A方式)を受験するので、2022年ですと、試験日が2月19日でした。

そのため、今回も試験が2月で、合否発表が3月ではないでしょうか。

2022年の日程から予想すると、2023年2月18日(土)に試験で、2023年3月1日に発表される可能性がありますね。

小倉優子が早稲田大学を選んだ理由は?

小倉優子さんが早稲田大学を選んだ理由は、いったい何だったのでしょうか?

子育ての中で学力不足を痛感

instagram

小倉優子さんは、もともと教育熱心な母親だったのですが、その中で自分の学力不足を痛感していたそうです。

自分自身にも“学ぶこと”が必要だと感じ、大学受験を志すきっかけとなりました。

そして、『100%!アピールちゃん』のスタッフにも背中を押されたことで、決意は固まったそうです。

受験科目が少ない

hochi.news

早稲田大学を選んだ理由については、受験科目が少ないから、というのが挙げられます。講師の西岡壱誠さんも、その理由から早稲田大学を勧められたようです。

早稲田大学教育学部の受験科目は、英語・国語・地歴公民の3科目のみ。

そして、「100%!アピ〜ルちゃん」の番組企画は、1年間という時間的制約があるので、受験チャンスは1度きりです。

子育てに多忙な小倉優子さんでも、3科目であれば合格が可能であると判断したのでしょう。

もし、国立大学を目指すとなれば、「大学入学共通テスト」の受験が必要で、数学や理科系の勉強もする必要があります。

到底1年間では間に合わないですし、小倉優子さんは教育系の学部を希望していました。

もともと興味のあった分野を学べるというのは、重要なポイントですよね。

「私には子どもが3人いますし、もともと教育学や児童心理学に興味があって、国内外の関連書籍を読むのが好きでした。それで、たまたま私の家に子育ての密着取材に来ていたプロデューサーさんが、本棚に並んだ専門書を眺めて、『そんなに好きならもう一度大学で学んで見れば? 』と言ってくれたんですよ。」

Yahooニュース

その言葉が転機となって、40歳の節目を迎える前に、挑戦しようと思ったそうです。

目標をあえて高く掲げた

instagram

志望校を決める際、番組のスタッフからは、『目標を高く掲げない伸びない』と言われたそうです。

たしかに早稲田大学は、誰が見ても高すぎる目標ですが、いざ目標にすると、だんだんその気になっていったそうです。

小倉優子さんは高校生で芸能界デビューしているので、勉強にはあまり力を入れず、大学も中退してしまいました。

そのため、学力に自信はなかったのですが、いざ勉強を始めると、だんだん脳が活性化されていったそうです。

小倉優子の模試の推移は?

小倉優子さんは模試を何度か受けていますが、その結果はどうなっているのでしょうか?

番組スタート時

hochi.news

小倉優子さんは番組内で、「現代文」のセンター試験を受けていました。

現代文は、すべての教科に通じる道だそうで、20年ぶりにテストに挑みました。

50点満点中35点が早稲田大学の合格ラインなのですが、小倉優子さんは42点を叩き出します。

英単語200語完全暗記も満点合格し、小倉優子さんの記憶力の高さがあらわになりました。

2022年3月

hochi.news

小倉優子さんが3月に受けた英語の模試では、200点満点中150点がボーダーラインとなっていました。

模試はリスニング、文法、長文の全50問で、結果は52点。惨敗の結果に、小倉優子さんも言葉を失っていました。

2022年7月

早稲田志望の受験生たちとともに、高3の全国統一模試の英語に挑戦した小倉優子さん。

合格ラインは80点ですが、目標点数は50点と話していました。

しかし、結果は100点満点中20点で、早稲田大学の合格判定はE判定となってしまいます。

今回も小倉優子さんは、肩を落とすしかありませんでした。一緒に受けた受験生の平均点は51点で、「気合を入れ直して絶対に合格したい」と前向きに語っていました。

早稲田大学教育学部は、文系(A方式)での受験になります。

英語は(90分/50点)、国語は(90分/50点)、地歴または公民が(60分/50点)という配分になっています。

受験生の夏を乗り切って、ぜひ合格をつかみ取ってほしいですね。

まとめ

今回は、小倉優子さんの大学受験について、紹介しました!

2023年2月の受験を目指し、猛勉強中の小倉優子さん。学びたい分野があるのと、目標を高く設定したことから、早稲田大学教育学部を受験するようです。

模試の結果はかなり厳しいようですが、これからの伸びに期待したいですね。

今後の活躍にも注目ですね!最後までお読みいただき、ありがとうございました。

芸能人
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました