みのもんたの現在や病気の状況まとめ!引退後の炎上助長発言がやばい!?

芸能人
みのもんた,現在,病気,状況,引退後,炎上助長発言,香川照之

『秘密のケンミンSHOW』などを降板して以降は、表舞台にほとんど姿を現さなくなった、みのもんたさん。

芸能界を引退し、闘病中との情報もありますが、現在の様子が気になっている方も多いと思います。

今回は、みのもんたさんの現在について、調査しました!ぜひ、最後までご覧ください。

みのもんたは芸能界引退していた

sponichi.co.jp

2021年に芸能界の一線を77歳で退いたみのもんたさん。

2022年2月には、「爆買い☆スター恩返し」に出演し、久しぶりにメディアに登場しました。

堺正章さんと笑顔で対面し、鎌倉最高級の名店・鎌倉山で食事をしながら明るくトークをしていました。

現役時代と比べると、やはり歳を重ねた印象が強く、足取りも重くてテンポもゆっくりな印象でした。

みのもんたさんがテレビを退いた理由は、「若い人のテンポについていけなくなった」「潮時だった」と答えています。

やはり、老いには勝てなかった、というのが理由のようです。

yahooニュース

芸能界には未練はなく、「充分、酸いも甘いも経験させていただいた」と、セミリタイア状態であることを明かしています。

自分は元気だと信じても、無理なものは無理で、抗えないなと感じたそうです。

2007年から続いてる『秘密のケンミンSHOW』も、司会者としての衰えに気づき、番組に迷惑がかかる前に、自ら引退を申し出たそうです。

現在は代表取締役会長!

現在、みのもんたさんはテレビの仕事はしていませんが、父親が創業した水道メーター製造販売会社「ニッコク」の、代表取締役会長を務めています。

月曜~金曜まで毎日会社に通っているそうですが、昼の12時半~午後3時半くらいと、短い勤務のようです。

2012年5月には奥さんの靖子さんががんで亡くなっており、それ以降は鎌倉の家でひとり暮らしをしているそうです。

仕事が忙しかった時は、朝6本、昼5本の生放送を抱え、特番もあったので、週16本ほどテレビに出ていたそうです。

doctorsandhealth.com

それからは休まず銀座に繰り出し、深夜に帰ってきても、奥さんは待ってくれたそうです。

それから数時間寝て、またテレビ局へ行くという日々を支えてくれた奥さん。

やはり、最愛の奥さんが亡くなったときは、茫然自失の日々だったそうです。

みのもんたはパーキンソン病だった

Twitter

みのもんたさんは、数年前からパーキンソン病の症状が出てきたそうで、現在は投薬治療を続けています。

パーキンソン病は、手足が痙攣してこおばり、体を動かすのが困難になる脳神経系の病です。

脳の情報伝達をする神経が変性してしまい、身体の動きが調節できずに、日常的な動作がスローペースになることもあるそうです。

指先が思うように動かず、立っているとふらつくようになり、知人の助言もあって病院にかかったそうです。

歳をとれば一定数の人がなる病気だそうで、新しい治療薬も開発されているので、病気と付き合っていこうと思ったそうです。

いま怖いのが歩けなくなることで、主治医の先生から「かかとから足をつける歩き方で、毎日3000歩以上歩く」ようにと言われているそうです。

そのため、毎朝5時半に起床し、部屋から部屋へ家の中を1周するのを、3000歩超えるまで繰り返しているそうですよ。

コロナが収束したら、また銀座に飲みに行ったり、赤坂の行きつけで美味しい料理を食べたい。そのために、自分で歩けるようにしたいとのことでした。

食生活も若いころとそこまで変わっていないようで、脂っこいものが大好きで、お酒の量も増えたくらいだとか。

Twitter

「爆買い☆スター誕生」でも、ワインとお肉を元気に食べていたので、まだまだ体は元気のようです。

ただ、食事のスピードはかなりスローになったようで、多少は頑張っている感がありましたね。

『秘密のケンミンSHOW』で寝ていたのは病気だった

Twitter

70歳を超えたあたりから、テレビを見ても、みのもんたさんの年齢がそれなりに出るということがありました。

特に、レギュラー出演していた『秘密のケンミンSHOW』でも、収録中に「寝ている?」と言われていたこともありました。

そして、自分の年齢や病気で番組に迷惑をかけたくない思いから、自ら降板を申し出たそうです。

以前よりかなり露出が減ったため、一時は死亡説も浮上したくらいです。

みのもんたさんは自身がパーキンソン病であることを公表してからも、世間の認識の誤りを唱えていました。

「パーキンソンってのはね、みんな勘違いしてる。ものすごく多いんです、世界で。患者が多いということは、薬を作ればたくさん売れる。製薬会社は売れる薬をたくさん開発します。だから日進月歩でもってものすごくいい薬がね、出てるんですよ」

Yahooニュース

『秘密のケンミンSHOW』で、”寝ている”と言われたのも勘違いで、病気の影響で目尻が下がってしまっただけのようです。

そこから”居眠りしている”と勘違いされたのですが、それは相当ショックだったそうです。

みのもんたの炎上助長発言とは?

sponichi.co.jp

性被害で批判をあつめている香川照之さん。

これに対するみのもんたさんの発言が、ネットで物議をかもしているそうです。

香川照之さんは、3年前に銀座のホステスへセクハラ行為をしていたことが報道され、CM契約解除や、「THE TIME」を降板する事態となっています。

このことについて週刊誌が、かつて“夜の帝王”と呼ばれたみのもんたさんを直撃しました。

みのもんたさんは「香川さんの肩を持つわけではない」と前置きしつつ、「品位ある遊び方をさせられないなら、お店にも責任があるのでは」と、持論を語りました。

銀座の夜の流儀、そして接客の極意を知っているみのもんたさんだからこその、持論だったのですね。

「僕は楽しく飲むほうですよ。僕が何もしなくたって、女性のほうから脱いでくれるからね(笑)。銀座は羽目を外しに行くところなんだから、楽しむのは当たり前。銀座の一流の接客は、お客さんにどう喜んでいただけるかを第一に考えること。」

Yahooニュース

そして、昔は超一流といわれた銀座の世界ですが、今はそうではなくなったと嘆いていました。

この記事が配信されると、「香川擁護」「みのもんたの援護射撃」「同じ穴のムジナ」と、批判する声が殺到しました。

みのもんたさんからすれば、銀座に関する自身の見解を語っただけでしょうが、思わぬ巻き添えを食らってしまったようですね。

まとめ

今回は、みのもんたさんの現在について、紹介しました!

老いを理由に芸能界を引退し、パーキンソン病を患っていることも告白していましたが、元気な様子でした。

香川照之さんの騒動で意見を述べたところ、思わぬ炎上騒ぎに発展してしまったようです。

今後の情報にも注目ですね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

芸能人
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました