松山ケンイチと小雪が田舎暮らしをしているのはどこ?北海道森町を調査

芸能人
松山ケンイチ,小雪,田舎暮らし,どこ,森町,北海道,理由,スローライフ,

松山ケンイチさんといえば言わずと知れた、妻は女優の小雪さん。

2011年4月にお2人は結婚され、今では息子2人に娘1人というお子さんにも恵まれています。

週刊誌の『週刊新潮』によると、もともと松山ケンイチさんは田舎暮らしにあこがれを抱いていたそうです。

その夢を叶えるべく2018年から北日本の雪深い土地に一軒家を購入し、3人のお子さんと一緒に田舎暮らしを楽しんでいるそう。現在は1年の半分をそこで過ごし、自給自足生活を送っているそうです。

そこで、松山ケンイチさんと小雪さんが田舎暮らしをしている北海道森町について調べてみました。

松山ケンイチと小雪が田舎暮らしをしているのは北海道森町?

松山ケンイチさんと小雪さんが田舎暮らしをしているところは、どこなの?と気になる方も多いのではないでしょうか?

テレビでの松山ケンイチさんの発言や現地での目撃情報などさまざまな情報から北海道森町の可能性が高いようです。

twitter

北海道森町はどんなところ?

移住先と噂されている北海道茅部郡森町(かやべぐんもりまち)はどんなところなのでしょうか?

北海道の自治体の町は「ちょう」と読みますが、森町だけは例外で「まち」と読みます。駅弁の「いかめし」は森町が発祥の地といわれ大変有名です。

北海道森町は駒ケ岳の麓にある、人口14.000人の小さな町です。

森町は漁業・農業が盛んな街であり、南は北斗市と七飯町、東は鹿部町、南西は渡島山脈によって厚沢部町に、西は八雲町にそれぞれ接しています。

気候は盛夏でも30℃を超えることはまれで、厳冬でもマイナス15℃まで下がることは珍しく、平均気温7から8℃で、積雪も少なく、北海道でも温暖な地といえます。 (引用:森町|森町の紹介)

北海道の南に位置している森町は、夏は涼しく積雪も少なく住みやすい地域といえるでしょう。食べ物が美味しく、ホタテやスケトウダラ、毛ガニやボタンエビなど海産物が豊富で北海道グルメが堪能できる土地としても知られています。

駒ケ岳ってどんな山?

北海道駒ケ岳は北海道森町、鹿部町、七飯町にまたがる標高1131mの活火山(成層火山)です。

七飯町の大沼方面からみると、横に長く、なだらかで優美な女性的印象を与えるが、森方面や鹿部方面から見ると一変し、荒々しい山肌と傾斜が目に付く男性的な激しい姿をみせます。大沼方面からみた山容は馬がいなないている姿に似ていることが、山名の由来であると言われています。 

wikipedia
Wikipedia

松山ケンイチと小雪が北海道森町に移住した理由は?

松山ケンイチさんと小雪さんがなぜ、雪深い北国である北海道森町に移住したのでしょうか?

小雪さんと松山ケンイチさんは、自然豊かな土地でのスローライフに関心があったようです。

松山ケンイチさんは青森県むつ市出身で祖父が農業をしており、農作物を収穫して食べていたそうです。このように、ご自分の育ってきた環境と似たような生活がしたかったのかもしれません。

小雪さんの美意識

美意識の高い小雪さんは表面的な美だけを追い求めることなく、健康的な身体や内面的な美しさも大切にしているそうです。

都会にいると、どうしても時間に追われてストレス過多になってしまう場合がありますよね。そんな都会から離れた時間を過ごすことで心身共にリラックスした状態で内面的な美を求めているのかもしれません。

子育てについて

小雪さんは2020年には事務所を退所しており、子育てに専念するライフスタイルを選ばれています。

小雪さんは『毎日キレイ』のインタビューで語られています。

子どもたちは木登りをするので、体操教室などに通う必要もなくなりましたし、小さいことを気にしなくなりました。人間って本来こんな生活をして生きたのだろうなと思います。

毎日キレイ

都会とは違う大自然の中で子育てをすることで、のびのびと健やかに育っていることを実感されているのでしょうね。

松山ケンイチと小雪はどんな暮らしをしている?

1年間の半分を移住先の北海道森町で、自給自足の生活をしているそう。

www.createatrend.com

自分たちで野菜を作って食べる自給自足の生活。他には鶏の飼育もしてごみを出さないよう鶏にエサとしてあげるなど、循環型の生活を大切にしているところがうかがえます。

猟に出かける松山ケンイチ

松山ケンイチさんは狩猟の免許を取り、地元の方と猟に打ち込んでいるそう。

これも、都会では体験できない自然豊かな田舎だからこそできる経験でしょう。自分のやりたいことは実践してみるというところが、好奇心旺盛で行動力にあふれていますね。

naturalharmony.co.jp

田舎都会の二重生活

松山ケンイチさんは週刊新潮で語っています

いまは事務所にも協力してもらって仕事を調整し、年の半分くらいは地方で過ごすように。

子どもの学校については、区域外就学制度というものがあり、住民登録されていない子でも地方で過ごす期間は地元の小学校に通わせることができるんです

週刊新潮
週間新潮

松山ケンイチさんと小雪さんの教育方針は、都会では身につけにくい生きる力をつけさせること。

田舎と都会の二重生活で両方のメリットを使い分けて、子育てにも生かしているのでしょう。

家族と共に東京と地方を行き来して充実した生活を送っている松山ケンイチさんと小雪さん、今後の活躍に期待したいですね。

まとめ

松山ケンイチさんと小雪さんは2018年から北海道森町で1年の半分を過ごし、3人のお子さんと一緒に田舎暮らしを楽しんでいるそうです。

自然豊かな土地へ移住しのびのびと過ごし子育ても楽しんでいるのは、自然豊かなスローライフに関心を寄せたからなんだそう。素敵ですね!

地方での自給自足の暮らしをする中で、田舎と都会の二重生活によるメリットを使い分けて、充実した生活を送っているのでしょう。

芸能人
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました