PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ケイジとケンジ」続編キャストは?東出昌大の降板の噂についても調査

スポンサーリンク
ドラマ
ケイジとケンジ,続編キャスト,東出昌大,降板,不倫
記事内に広告が含まれています。

テレビ朝日ドラマ「ケイジとケンジ」が、2023年4月期~、続編が放送されることが決定しました。

前作はコンビものドラマででしたが、W主演の相方・東出昌大さんが降板で、桐谷健太さんの「単独主演」になるそうです。

やはり今回は、東出昌大さんの出演はないのでしょうか?

今回は、「ケイジとケンジ」続編キャストについて、調査しました!ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

「ケイジとケンジ」続編キャストは?

テレビ朝日

桐谷健太さんが、テレビ朝日系で毎週木曜午後9時~放送のドラマ『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』で、単独主演を務めることが発表されました。

2020年1月期に放送された『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』とおなじく、主人公・仲井戸豪太を3年ぶりに演じることとなります。

続編は、「ケイジとケンジ、時々ハンジ。」と題し、ケイジはもちろん桐谷健太さん。ケンジは東出昌大さんでしたが、今回は出演しないようですね。

ネット上では、タイトルの『ケンジ』を誰が演じるのか?と話題になっています。

『“日本屈指の頭脳”を持つ検事チーム』という説明があるので、今度は1人ではない模様ですね。

Yahooニュース

いまのところ、続編に出演することが分かっているのは、以下のとおりです。

  • 桐谷健太(役:仲井戸豪太):元私立高校体育教師の熱血刑事。デリカシーはないが、人情派。
  • 比嘉愛未(役:仲井戸みなみ):豪太の妹で事務官。基本的には標準語だが、豪太にツッコむときだけ関西弁になる。
  • 磯村勇斗(役:目黒元気):豪太とバディを組む刑事。出世第一主義だが、型破りの豪太にいつも振り回されている。ひかるのことが好き。

ほかにも、続投が有力視されているのが、毛利ひかる役の今田美桜さんや、樫村武男役の柳葉敏郎さんです。

前作では、東出昌大さんが豪太と対立する検事・真島修平を演じていました。

その代わりとなる判事役キャストが、江口洋介さんといわれています。

wikipedia

年齢的にも、検事役には合わないので、判事役になるのでは?と言われているようですね。

東出昌大の降板の噂についても調査

週刊プライム

解禁前の続編情報に加えて、東出昌大さんは続編を制作することすら、伝わっていない状況のようです。そのため、かなり早い段階で外されていたということですね。

東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫がスクープされたのは、2020年1月23日。

『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~』の第2話放送日で、撮影真っ只中でした。ロケ先には、多くのマスコミが押し掛けていたようです。

続編は、まさかの“主演の降板”となりましたが、ネット上では、賛否両論あるようですね。

twitter

不倫は許されませんが、主演から外すのは、イジメみたい!という嫌悪感を示す人もいるようです。

しかし、スポンサーの問題もありますし、前作は不倫騒動ドラマが台無しになってしまったので、仕方ない決断ともいえます。

「東出さんに代わる検察官役の俳優と『ハンジ』=判事、つまり裁判官役の俳優を主要キャストに迎え入れます。東出さんの〝色〟を薄めて制作するわけです」

東スポweb

「桐谷健太さん単独主演」と強調していることから、東出昌大さんの出演は完全に無しということですね。

真島修平の説明は入る?

テレビ朝日

まるで、東出昌大さんの存在がなかったかのように見えますが、仕方ないとも思えます。

続編であることから、東出昌大さんの存在は1話で、「真島修平は地方に異動になった」などと説明が入るかもしれませんね。

当初はバディものとして、「相棒」のようなシリーズ化をねらっていたのですが、放送期間中に東出昌大さんの不倫報道という結果に。

前作に出演していた今田美桜さんも、インスタグラムに東出昌大さんが写っていない画像をアップする始末。

周りの共演者も、東出昌大さんを腫れもののように扱っていたのかもしれません。

降板は彼女を同伴させたせい?

FLASH

東出昌大さんが「ケイジとケンジ」続編を降板したのは、不倫発覚からイメージダウンだけが理由ではなさそうです。

不倫は3年前ですし、杏さんと離婚は成立しているので、それよりもマズイのは、「撮影現場に彼女を同伴させた」というスクープでしょう。

東出昌大さんは、広島県呉市で行われた出演作品のロケに、彼女を呼び寄せて、共演者やスタッフと同じホテルに3泊したのです。

すでに離婚している身で、彼女がいることはなんら問題ありませんが、未発表の作品の現場に、彼女を連れ込んだことが大問題なんですね。

作品の情報漏えいにもつながりますし、関係ない人物を呼び寄せたのは、公私混同も甚だしいです。

その後は事務所からもお叱りをうけ、退所することとなった、東出昌大さん。危険な人物を、キャスティングできない、という判断かもしれません。

“バディもの”だった前作とは、大きく異なる内容になりそうですね。

「さらにパワーアップしたドラマを見せられたら」と、主演の桐谷健太さんは意気込んでいます。

まとめ

今回は、「ケイジとケンジ」続編キャストについて、紹介しました!

桐谷健太さんの単独主演ということで、前作と内容が変わり、新キャストも迎え入れられそうです。

東出昌大さんは不倫騒動&撮影現場に彼女を同伴させたことで、降板になったものと考えられます。

今後の情報についても、注目ですね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ芸能人
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました