川上洋平の出身校と生い立ちは?英語力にも注目!!

芸能人
川上洋平,出身校,生い立ち,英語,家族,
Instagramより

大人気ロックバンドAlexandros【アレキサンドロス】のボーカルとギターを担当する、川上洋平さん。

2021年には日テレ「ウチの娘は、彼氏ができない」で初のドラマ出演も果たし、塩顔イケメンのルックスにも注目が集まっています。

今回は、川上洋平さんの生い立ちや出身校等の経歴を調査しました!

川上洋平の生い立ちと家族

1982年6月22日生まれ。神奈川県の川崎市多摩区生田の出身です。

幼稚園まで川崎市に住んでいました。家族は両親と兄姉がいるそうです。

お兄さんは10才歳が離れていて、お姉さんに関しては年齢の情報はありませんでした。

商社マンのお父さんの都合で、9歳から14歳までシリアで過ごしたそうです。
シリアではインターナショナルスクールに通っており、中東訛りの英語を話します。


またご両親が関西出身の為、話し言葉・書き言葉に関西弁が混じることがあります。

中東訛りと言われていますが、かなりお上手です!

川上洋平の出身高校

  出身高校は神奈川・弥栄西高校(現・弥栄高校)。

  川上さん以外に、ギターの白井眞輝さん、ドラムの庄村聡泰さんも同じ弥栄西高校出身だそうです。

  高校時代の一番の思い出は?というインタビューに、次の様に答えています!

 バンドを組んで、ボーカルとしてライブをした文化祭の後夜祭です。

体育館のステージに立った瞬間、「ロックミュージシャンになりたい!」って気持ちが湧いてきました。「ここが俺の輝ける場所なんだ」とも。その時、一緒に演奏したのが今のバンドのギター(白井眞輝)だし、あの瞬間、いろんな奇跡が生まれたと感じています。

高校生新聞オンラインより引用

川上洋平の出身大学

   ミュージシャンとしてデビューする為に、ミュージシャンを多く輩出している青山学院大学法学部に進学。

   大学1年生の時にバンド[Champagne]を結成。

   しかし、バイトに明け暮れて、2年留年しているそうです。

川上洋平の就職先

 大学在学中のデビューを目指していたが、叶わなかったため「50歳になってもデモテープを送り続けられるように」と

 インディーズデビューするまで外資系メーカーの営業として働いていました。

 大学の在学時に広告代理店でインターンシップで働いていたこともあるそうです。

 外資系メーカーでの営業は、バンドがデビューする2010年まで続けています。

 その後、バンドが軌道にのる2011年までは、テレアポのバイトをして生活費を稼いでいたそうです。

 その頃の経験を活かし、 TOKYO FM/JFN『SCHOOL OF LOCK!』、『アレキサンドLOCKS!』でパーソナリティをつとめ、リスナーの進路相談に乗っています。

以上、川上洋平さんの生い立ちや出身校等について、調査しました。

今後のご活躍も楽しみですね!

芸能人
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました