PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジャニー喜多川のBBC報道を告発したのは3人!性被害の証言者を特定?

スポンサーリンク
ジャニーズ
ジャニー喜多川,BBC報道,告発,性被害,証言者
記事内に広告が含まれています。

故ジャニー喜多川氏について、イギリスのBBC放送が、性的虐待をおこなっていた報道し、話題になっています。

これまでもジャニー喜多川さんの性加害については、日本のマスコミで報じられることはほぼありませんでした。

しかし、BBCが初めて放送し、告発した人物が話題になっています。

今回は、ジャニー喜多川のBBC報道を告発したの人物について、調査しました!ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ジャニー喜多川のBBC報道を告発したのは3人!

イギリス公共放送「BBC Two」が、ドキュメンタリー番組『Predator:The Secret Scandal of J-Pop』を放送。

ジャニーズ事務所の創業者・ジャニー喜多川氏の〝性加害疑惑〟を特集したのです。

番組の中では、2019年7月に亡くなったジャニー喜多川氏を、「プレデター=捕食者」と、激しい口調で批判しています。

その内容は生前、ジャニー喜多川氏が行っていた、少年たちへの性加害についてです。

「番組は’99年に『週刊文春』が報じたジャニー氏の性加害報道を切り口に、実際に被害にあった元少年たちにインタビューしています。
そこではマッサージと称してジャニー氏に下腹部を触られたり、それ以上のことをされたと証言する人もいました。途中で言葉に詰まってしまうシーンもありましたね」

Yahooニュース

BBCはイギリスの公共放送ですから、日本でいうところのNHK的存在です。ゴールデンタイムで放送するのは、よほどのことですよね。

twitter

一方日本のマスコミはというと、文春などの一部週刊誌だけにとどまり、テレビなどは見事にだんまりを決め込んでいます。

過去に週刊文春がこの件を報じたときは、ジャニーズ事務所が名誉棄損で訴えています。

BBCも日本の警察やメディアに連絡したが、すべて取材拒否となり、「死んでも喜多川は守られている」と締めくくりました。

ジャニー喜多川の性被害者を特定

今回、性的虐待を受けた元ジャニーズJr.が3名顔出しで登場しています。

告発者①ハヤシ

BBC放送

ハヤシさんは、ジャニー喜多川氏とオーディションで初めて出会い、最初は「すごい気を遣ってくれて優しい人」という印象だったそうです。

しかし1週間後、ジャニー喜多川氏の自宅兼合宿所に招かれ、お風呂に入るように促されます。

そこで、ジャニー喜多川氏から全身を洗われ、オーラルセ〇〇スをされたのです。

15歳の少年がそんなことをされて、どれだけショッキングだったか・・・

ハヤシさんは、同じく合宿所にいた少年たちに、「それを我慢しないと売れないから」と言われていたそうです。

それが嫌で辞めるという少年はおらず、ほかに大人もいないため、誰にも相談できなかったそうです。

BCC放送

ハヤシさんの顔写真からすると、年齢は40代といったところでしょうか。

これまでジャニーズ事務所の暴露本を出版した、木山将吾さんらではないですね。デビューをしていない方と見て間違いないでしょう。

告発者②リュウ

BBC放送

リュウさんは、2002年にジャニーズ事務所に入所し、バックダンサーとして10年間所属していました。

16歳の時、当時70代だったジャニー喜多川氏の家に呼ばれ、マッサージをされます。

だんだんジャニー喜多川氏の手が下の方に降りていき、リュウさんが「もうこれ以上はだめだよ」と伝えます。

すると、ジャニー喜多川氏は「ごめんね、ごめんね」と謝り、出ていったそうです。

ジャニーズ事務所の合宿所では、このような出来事が、日常茶飯事だったそうです。

2002年頃に16歳となると、現在は37歳前後ということになりますね。リュウさんも、デビューしていない組だと思われます。

告発者③平本淳也

BBC放送

ジュンヤさんは、1996年にジャニーズ事務所の暴露本を発表した、平本淳也さんです。

ジャニー喜多川氏からは、マッサージの「ほんの少しの延長」をされたとのこと。

具体的な内容は明かしていませんが、かなりショッキングだったことでしょう。

平本淳也さんは1980年、中学2年生でジャニーズ事務所に入所しているので、現在の年齢は57歳前後ですね。

暴露本には、1980年代からジャニー喜多川氏による性的加害はあったということで、闇はかなり深いですね。

ジャニー喜多川と週刊文春の訴訟

twitter

BBCの番組には、週刊文春の記者も出演していました。

この問題を唯一ら取り上げたのが、1999年~週刊文春のキャンペーン報道でした。

ジャニー喜多川氏が、「ユー、今日ウチへ来る?」との誘い文句で、少年たちを“合宿所”に招き、性的虐待を繰り返していたと報道します。

ジャニー喜多川氏と事務所は、名誉毀損の損害賠償を求めて、週刊文春を提訴します。

裁判では、ジャニー氏本人や、証言した被害者少年2人も出廷しています。

最初の東京地裁判決は、少年らの供述の信用性を認めず、週刊文春が敗訴します。

しかし東京高裁では、ジャニー喜多川氏の性的虐待について、「真実性の抗弁が認められ、事実に係るもの」とします。

ジャニー喜多川氏は性的虐待ついて、「彼たちはうその証言をしたと、明確には言い難い」と、全否定しませんでした。

その後、最高裁に上告したものの、2004年2月には棄却され、高裁判決が確定しました。

司法によって認められたものの、日本のメディアでは一切触れられず、広告業界もジャニーズ事務所のタレントの起用を続けました。

「事実とわかったにもかかわらず、社会的に問題にされなかったことに衝撃を受けました。彼はジャニーズ事務所を運営することを許され、何十年もの間、国の宝として崇められてきた。掘り下げれば下げるほど、よくわからない話でした」

Yahooニュース

ジャニー喜多川氏の報道を介して、日本メディアの問題点も明るみになった出来事でしたね。

まとめ

今回は、ジャニー喜多川のBBC報道を告発したの人物について、紹介しました!

ジャニー喜多川に性的虐待を受けたとして、イギリスのBBC放送に告発した3名は、皆デビューしていない組だったようです。

顔出しで告発するというのは、とても勇気がいったと思いますが、それだけ注目されなければいけない出来事なのでしょう。

今後の情報にも注目ですね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジャニーズ
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました