生田絵梨花の家族構成:父親はシスコの生田大朗で姉は東大?

芸能人
生田絵梨花,家族,家族構成,父親,母親,姉,シスコ,生田大朗,東大,佐久間正英,

木坂46の中心メンバーとして知られる生田絵梨花さん。

美形だらけの乃木坂メンバーでも、お嬢様でなんでも完璧にこなす逸材として知られていますね。

そんな生田絵梨花さんですが、家族構成が気になる人も多いと思います。

今回は、生田絵梨花さんの家族構成について、調査しました!

生田絵梨花の父親は生田大朗?

生田絵梨花さんの父・生田大朗さんは、一橋大学出身の超エリートです。

大学卒業後にKDD(現KDDI)に入社し、1995年からは、KDDドイツ現地法人で新規事業立ち上げに携わります。

そのため、生田絵梨花さんはドイツ・デュッセルドルフで誕生しています。

2001年4月に帰国してからは、シスコシステムズ(シスコ)に入社しました。

2006年にボーダフォン、ソフトバンクモバイル社でMVNO事業立ち上げをするため、一度シスコシステムズを離れていますが、2007年に再びシスコシステムズに入社しました。

現在は、シスコのコマーシャル&パートナーマーケティング部門をまとめる存在です。

生田絵梨花さんは、家族で韓国旅行に出かけた際に父親とのツーショットを披露しています。顔は隠れているものの、イケメンオーラが出ています。

http://nogizaka46life.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

父の母校である一橋大学は、偏差値67.5~と国立大学の中でも難関大学です。

生田絵梨花さんは中学3年生のときに、音楽の道に進むことを両親に相談したのですが、『音楽で食べていくのはすごく大変』と反対されます。

それでも、生田絵梨花さんは自分の決意を話し、グランドピアノを買ってもらったそうです。姉もピアノをしていたため、実家は防音室完備だそうですよ。

グランドピアノは中古でも80万~しますし、ヤマハの売れ筋シリーズですと、200万円以上するものもあります。

生田絵梨花さんの実家は、かなり裕福だったのでしょうね。

父が入社したシスコシステムズは、外資系企業のため、中途採用となるとかなりの能力が必要です。

平均年収が約960万円となっていますが、父の大朗さんは即戦力として働いていますので、年収1000万以上はもらっているでしょう。

生田絵梨花さんは生粋のお嬢様だということが分かりますね。

生田絵梨花さんは5歳まっでドイツで生活していましたが、ドイツ語はあまり得意ではないみたいです。

ドイツで生活していたときからピアノを続け、コンクールに入賞するほどの実力です。

ドイツ生まれということで、日本人とドイツ人のハーフでは?という噂もありましたが、両親はともに純日本人です。

生田絵梨花の姉は東大卒?

https://massu-treblo.com/

生田絵梨花さんには、2歳年上の姉がいます。

姉は東京大学卒業という噂があるのですが、優秀な生田絵梨花さんの姉ですから、真実味が増しますよね。

しかも、東京大学理学部という、トップクラスの難易度である学部に通っているとか・・・

理学部は数学科や物理学科など、あまり女子に馴染みのない学科が多いです。

父親は、一橋大学出身で元KDD・シスコ・ソフトバンクモバイルというエリートで、情報科学に精通しています。

そのことから、お姉さんも「リケジョ」なのでは?と言われています。

お姉さんが小学校4生のときに、生田絵梨花さんと病院で、「お母さんですか?」と間違われるほど、かなり大人びているみたいです。

身長は周りと比べて高かったそうですが、頭の良いしっかりしたオーラを放っていたのでしょうね。

ちなみに、生田絵梨花さんは東京音大出身ですが、姉と勘違いして東京大学出身と言われることもあるようです。

また、お姉さんの出身高校は、桜蔭高等学校ではないか?と言われています。

この高校は、完全中高一貫校の女子高で、高校からの受験はできません。

理系に強いことでも有名な高校で、東京大学・理科一類に、何人もの合格実績があります。

ただ、生田絵梨花さんが2011年のブログにて、「姉が修学旅行で買ってきてくれた本場の讃岐うどん」と紹介したことがありました。

姉は当時高校2年生で、修学旅行で“本場の讃岐うどん”を買ったとなると、「香川県」へ修学旅行にいったことになりますね。

しかし、桜蔭高等学校は香川県へ修学旅行には行かないそうで、姉が桜蔭高等学校説は少し可能性が低いですね。

生田絵梨花の母は?

https://massu-treblo.com/

生田絵梨花さんのお母さんは、生田絵梨花さんのやることに反対しない、心の広い方だったようです。

生田絵梨花さんが、アンジェラ・アキさんの弾き語りを見た際に「自分も将来、ピアノで弾きながら歌いたい」と発言したところ、母が「アナタも将来、アンジェラ・コアキになりなさい」と言ってきたとか。

どこまで本気だったのかは分かりませんが、ギャグセンスがある方なんですね(笑)

また、母親と祖母は鹿児島県出身だそうで、九州出身なんですね。

そして、生田絵梨花さんの父方の祖父は、ビクターの洋楽部門で働いていたそうです。

レコードを生田絵梨花さんの人物に持って行き聴かせていたようです!!生田絵梨花さんの家系は、本当に音楽一家なんですね。

生田絵梨花の親戚・佐久間正英

生田絵梨花さんの親戚には、なんとGLAYのプロデューサーである、佐久間正英さんがいらっしゃいます。

佐久間正英さんは、生田絵梨花さんの父親といとこ同士なんだとか。

生田絵梨花さんはカラオケで、GLAYの『誘惑』を必ず歌うそうで、2014年11月24日放送のバラエティ『乃木坂ってどこ?』でも披露していました。

たまたまその番組を見ていたGLAYのTREUさんが、生田絵梨花さんのロックな才能に驚きを感じたというツイートしています。

清楚なお嬢様イメージがある生田絵梨花さんですが、激しいロックを歌うこともできるのですね!

親戚の佐久間正英さんは、音楽プロデューサーとしてGLAYのほかにも、BOOWY、ザ・ブルーハーツ、JUDY AND MARYといった大物アーティストをプロデュースしています。

TERUさんも、“僕らGLAYを育ててくれた佐久間正秀さんの姪っ子”と発言しており、以前から生田絵梨花さんと面識があったのですね。

まとめ

今回は、生田絵梨花さんの家族構成について、紹介しました。

両親と姉の4人家族のもと、生まれ育った生田絵梨花さん。

父はシスコ勤務の超エリートで、生田絵梨花さんはドイツで生まれた帰国子女でした。

姉は東京大学出身で、親戚が有名音楽プロデューサーという、華麗なる一族で育ったのですね。

今後の活躍も楽しみですね!

芸能人
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました