【2022年】星野源のくも膜下出血は完治した?再発の可能性や後遺症も調査!

芸能人
星野源,くも膜下出血,完治,再発,病気,

星野源さんといえば、ミュージシャンや俳優として幅広く才能を発揮していますよね。

幅広い層から支持されている星野源さんですが、以前くも膜下出血で2度倒れたことがあり、健康面が心配されていますよね。

現在は元気な笑顔を見せてくれていますが、後遺症や再発の可能性はあるのでしょうか?

今回は、星野源さんのくも膜下出血が完治したかどうかについて、調査しました。

星野源のくも膜下出血は完治した?

https://dot.asahi.com/wa/2012122600005.html

星野源さんが最初にくも膜下出血に侵されたのは、2012年のことでした。

星野源さんは、レコーディングスタジオでアルバム制作中に倒れ、くも膜下出血と診断されます。

その前から偏頭痛に悩まされていたそうで、後頭部から首にかけて頭痛が襲い、湿布と薬で無理やり症状を抑えていたそうです。

星野源さんは、すべてのレコーディングが終わったそのときに、「急に目の前がぐにゃっと曲がった」と振り返っています。

突然、バットで頭を殴打されたような激痛におそわれ、そのまま倒れ込んでしまいます。

病院へ搬送された星野源さんは、脳の動脈に慢性的な動脈瘤があり、くも膜下出血であると診断されました。

その日に緊急手術がおこなわれ、難しいオペではあったのですが、無事成功しました。

しかし、療養生活では頭の激痛と嘔吐に苦しむ日々だったそうで、三週間後にやっと退院することができました。

ただ、星野源さんはカテーテル塞栓術を受けていたので、完治は難しく、いつ再発するか分からない状態だったそうです。

退院から2か月後には仕事に復帰し、体調も良好だったため、以前のような生活へ戻っていきました。

しかしその後、医師から再発が見つかったと告げられ、あまりのショックにそのままうずくまってしまったそうです。

そして、2013年9月26日には、再手術が成功したことを発表しています

星野源さんは2012年12月にくも膜下出血の手術を受けて、2013年2月に復帰しています。

https://2xmlabs.com/archives/6416

しかし、再発防止の治療を受けるため、6月末から活動を休止していました。

退院直前、医師から「これで完治です」と聞いたとき、本当に有り難くて堪りませんでした。「どれだけ歌っても、動いても、何やっても大丈夫です」と。

もう少し時間を頂いて、しっかり元気な姿で皆様にお会いできるよう、一生懸命体力作りをしたいと思います。心配してくださった方々、応援してくださっている皆様、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

ナタリーWEB

退院するときは再発の心配もなく、術後の経過観察も良好で、活動復帰に向けて着々と準備が進められたそうです。

再発の可能性や後遺症があるかについて調査!

https://aucfree.com/items/d339384710

くも膜下出血は、何かしらかの理由で脳の血管が破裂してしまう恐ろしい病気です。

致死率が70%と確率も低く、その上ほぼ前兆もないので、仮に一命をとりとめても重い後遺症が残ることがほとんどだそうです。

なんともとどおりの生活に戻れるのは10%未満しかなく、社会復帰できるのも30%と低い確率です。

ファンとしても、星野源さんの後遺症が気になると思います、

実際、生存して経過も良好という確率はたったの3%しかなく、今後もずっと音楽活動ができるのかが気がかりですよね。

ただ、くも膜下出血の場合は、若い人だと術後の経過観察が順調であれば、その後も再発の恐れは低いそうです。

もちろん絶対は無いですが、若い人は高齢者に比べて経過が良好であるケースが多いといいます。

星野源さんは2度目の手術を受けて退院する際、医師から「ヘビメタをやっても大丈夫」というお墨付きがもらえたので、今度こそ完治したと言えるでしょう。

星野源さんはバイパス手術をしなかったのですが、スピードや強度も完璧に近い状態で手術を終えることができたそうです。

今後の再発率は、10年で0.1パーセントと言われたそうで、かなり低い確率といえます。

1回目の手術は集中治療室で3日間まったく動くことができず、本当に人生に絶望したという星野源さん。

1回目の病状は深刻で、医師からは「後遺症も残る可能性があり、全快できないかもしれない」と言われるほど深刻な症状だったそうです。

2回目は開頭手術の様子を記録しようと決意し、映像に残すことにしました。

もし復帰できなかった場合は、その映像を映画化し、家族やスタッフにお金が入るようにしたい、と思ったそうです。

極限の状態で周りのことを考えれるなんて、星野源さんの人柄の良さがうかがえますね。

星野源さんは、「いかに大変だったか、よりも、いかに楽しく生きたかを伝えたい」と、同じ病気と戦う人への助けになりたいと思ったといいます。

「同番組で星野さんは、1回目の入院時に『頭が痛かったんですけど、一番最初に考えたことが “これ、仕事にできないかな?” だった』と回想しています。
タワーレコードから『NO MUSIC , NO LIFE?』のポスターオファーが来ており、『病室で撮ったほうがいい』と思いついたとのこと。

それは実現しなかったものの、別の形でポスターになり、その際は『音楽はね、死ぬと聴けなくなるんですよ。今のうちだぜ。』とのメッセージが刻まれていました」

ナタリーWEB

大きな病気をかかえても周囲を気遣うその人柄に、結婚した新垣結衣さんも惹かれたのではないでしょうか。

星野源さんはラジオ「RADIPEDIA」に出演した際に、「手も全然動く」「以前と変わったところはほとんどない」と発言しています。

https://dot.asahi.com/wa/2012122600005.html

「ほとんど」というのが気になりますが、このときは復帰直後だったので、現在は完治している可能性が高いですね。

実は星野源さんは、以前「モニカ病」という別の病にも苦しんだことがありました。

深い眠りのときに突然襲ってくる病気で、肛門と男性器の間につったような激痛が走り、「突発性肛門痛」とも言われています。

さらには小学生時代にいじめられていたことでパニック障害を患うなど、精神面でも心配な部分があったようです。

しかし現在はすべて改善しており、不安に思うこともなく、元気な姿を見せてくれています。

くも膜下出血も、無事完治したと言っていいでしょう。

まとめ

今回は、星野源さんのくも膜下出血が完治したかどうかについて、紹介しました。

2度の手術で再発の恐れも心配されていましたが、術後の経過は良好で、後遺症もないそうです。

くも膜下出血は元の生活に戻れる確率がかなり低いので、星野源さんは本当に幸運だったようですね。

今後の活動も応援していきたいですね!

芸能人
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました