坂東龍汰の学歴まとめ:小学校・中学校・高校はいずみの学園でシュタイナー教育漬け!

芸能人
坂東龍汰,学歴,小学校,中学校,高校,いずみの学園,シュタイナー教育

若手イケメン俳優として注目されている坂東龍汰さん。

たしかな演技力と存在感で、ブレイク目前の俳優さんですね。

今回は、坂東龍汰さんの学歴(小学校・中学校・高校・大学)について、調査しました!

坂東龍汰の小学校は北海道シュタイナー学園いずみの学校初等部

resumedia.jp

坂東龍汰さんは、お父さんの仕事の都合で、アメリカ・ニューヨークで生まれ育ちました。

父は19歳で映画監督を目指し、カリフォルニアに渡ったのち、ニューヨークで技工士の会社を設立しています。

3歳までニューヨークに住んでいた坂東龍汰さんですが、父が農業をしたいと言い出し、北海道に移住することになります。

実家は5年かけて、父が一人で建てたといいます。思い立ったら即行動派のお父さんなんですね。

幼いころに絵画やヴァイオリンを習っていたということで、裕福な家庭に生まれたのではないでしょうか。

twitter

日本に渡った坂東龍汰さんは、北海道シュタイナー学園いずみの学校初等部に通いました。

いずみの学校初等部は、募集人数が14人とかなり少なく、とてもアットホームな学校だそうです。

入試は面談のみで、ペーパーテストは一切ありません。クラスメイトも9人だけということで、かなり少人数のクラスだったのですね。

授業は教科書がなく、なんとテストもないそうで、一般人にはなかなか理解されない教育方針でしょうね。

シュタイナー教育とは、哲学者・神秘思想家のルドルフ・シュタイナーが発案した教育芸術です。

教育とは、子供が自由な発想・決定をおこなうことができる「人間」になるべく、一つの芸術ととらえられています。

シュタイナーは、人間が自ら人間であることを見出す、という神秘的学説・人智学を説いていました。

自由で個性を重んじるのが特徴なので、日本ではまだまだ受け入れられていない部分もあります。

坂東龍汰の中学校

mo-mo-town.com

坂東龍汰さんは小学校卒業後、いずみの学校中等部に進学しました。

いずみの学校中等部に部活は無いのですが、バスケットボールや和太鼓の同好会があるそうです。

勉強よりも、芸術面に特化した教育が主のようですね。

いずみの学校では、テレビやゲーム、携帯電話などの電子機器類が一切禁止となっています。

中学生になってやっと、週に1本映画を見ることが許可されました。

そのため、お父さんが毎週土曜日にDVDを借りてきてくれて、それを観ていたそうですよ。

相変わらず授業に教科書やテストも無く、学校では点数を付けられることもありませんでした。

坂東龍汰さんは、自由に得意分野を伸ばせる教育を受けていたのですね。

自宅でも、両親がシュタイナー思想を徹底しており、自ら考えることを重んじていたそうです。

坂東龍汰さんは、中学生になるまで、教科書もテストもないというのが特殊と気づかなかったそうです。

芸能界でいうと、俳優の斎藤工さんや村上虹郎さんもシュタイナー教育を受けて育っています。

坂東龍汰の高校

instagram

坂東龍汰さんは中学卒業後、いずみの学校高等学園へ入学しました。

いずみの学校高等学園は、ルドルフ・シュタイナーの思想をもとに、1999年に開校しています。

最初は土曜クラスのみだったそうですよ。

シュタイナー教育を受け継ぐ学校は、1919年にドイツ南部で初めて開校し、世界中に1000校ほどの姉妹校があります。

日本では高校と認定されておらず、いずみの学校高等学園を卒業しても、高卒扱いにはなりません。

大学を受験したいのであれば、高卒認定試験に合格する必要があるようです。

幼稚園から一貫した教育がおこなわれているので、高校からいずみの学校に入る場合は、1週間のお試し期間が設けられているそうです。

坂東龍汰さんはJR室蘭本線で海沿いを走る電車に乗って、地元の伊達市から高校に通っていたそうです。

yumeijinhensachi.com

片道一時間かけて通学していたそうですから、大変だったのですね。

坂東龍汰さんは油絵が得意なのですが、高校時代に書いた絵が、プロ級の腕前だったそうです。

また、社交ダンスのセンスも抜群で、プロにならないかとスカウトされたこともありました

体育の授業でダンスが「面白い」と思ったそうで、先生の開いたスクールに通い、お願いして社交ダンス部をつくったそうです。

部員第一号となった坂東龍汰さんは、北海道大会で3位に輝くほどの実力をつけました。

スカウトされたときは、相手のダンサーが映画監督になりたいと言ったので、プロの道はあきらめたそうです。

高校の卒業制作では、クレイアニメーションを制作し、ストーリーや音楽、セットや背景画もすべて自分で作り上げたそうですよ。

また、高校2年生のときには、ニュージーランドへも留学しています。

学ランとか制服を着たことなかったんで、制服デートしたかったですね。高校時代、携帯を持ってなくて、LINEのやり取りを女の子とすることがなかったので、LINEとか高校時代してみたかったなって思いました。

SCREEN ONLINE

坂東龍汰さんほどのイケメンだったらモテモテだったでしょうが、特殊な環境だったので、女性との出会いはなかったようですね。

坂東龍汰の大学

resumedia.jp

高校卒業後、坂東龍汰さんは大学に進学していません。

高校の卒業演劇で主役を演じ、お客さんの反応が良かったので、役者の道を志すことにした坂東龍汰さん。

高校卒業後、2週間で実家を出て、住み込みで働ける兵庫県の有馬温泉旅館でアルバイトを始めます。そこで、上京資金を貯めていたそうです。

そして、1年で貯めた100万円を手にして、上京したそうです。

上京後、ずっと自由すぎる環境で育ってきたこともあり、東京のせわしない生活に、なかなk馴染めなかったそうです。

そこで、同じシュタイナー教育で知り合った村上虹郎さんに相談し、事務所を紹介されます。

twitter

村上虹郎さんは、父親が村上淳さん、母親はUAさんの二世俳優ですね。

やはり両親がアーティストということで、息子にも個性を伸ばすシュタイナー教育を受けさせたかったのかもしれませんね。

2017年に上京した坂東龍汰さんは、すぐに事務所に所属します。

事務所に応募する際は、履歴書とともに自作の絵や写真、クレイアニメーションの映像を送ったそうですよ。

クレイアニメーションは、21分間の映像なのですが、なんと1年もかけて制作したそうです。

イケメンなだけではなく、才能あふれるところも、事務所の目に止まったのかもしれませんね。

まとめ

今回は、坂東龍汰さんの学歴について、紹介しました。

3歳~18歳まで、個性を尊重するシュタイナー教育を受けていた坂東龍汰さん。

高校卒業後は大学に進学せず、役者の道を志し、見事才能が開花しているようですね。

今後の活躍も楽しみですね!最後までご覧いただき、ありがとうございました。

芸能人
DOCOCORE どこコレ?
タイトルとURLをコピーしました